自己紹介とメールの基本テクニックをチェック!

自己紹介とメールの基本テクニックをチェック!

Home > 自己紹介とメールの基本テクニック

スマホで安全に稼げるメールレディのおすすめ求人はこちら!

メールレディは接客業の一種。まずは自己紹介から始める最低限のマナーを心がけましょう。

プロフィールに書いてある内容を踏まえながら、簡潔に自分をPRします。定型文(テンプレート)として、あらかじめいくつかのパターンを用意しておくと良いでしょう。

テキストはコピペ(使いまわし)することでメール作成の手間を大幅に効率化できます。

例えば、営業用、自己紹介用、就寝前の「おやすみメール」など、送信頻度が高いので定型文があると便利。

ただし、お客さんにコピペを見破られてしまうと好感度ダウンは避けられません。文末を変えたり、語順を入れ替えるなど工夫しましょう。

メールの最後は「質問」で終えるのがおすすめ。
お客さんとのやり取りが続きやすく、報酬アップが期待できます。

こちらから「話す」形よりも、お客さんの話を「聞く」姿勢のほうが、メールは長続きする傾向にあります。

「メール数」=「報酬」となりますから、お客さんの興味を惹きそうな話題、関心事など冷静に把握したいところ。

ときには「ノリ」でキャラを演じたり、エッチな話題を振ってみるのも良いでしょう。

とはいえ「嘘」ばかり書くのはNG。常連のお客さんが増えると、話のつじつまを合わせることも難しくなっていきます。

お客さんからの「返信率」を高めるためには、こちらも素早いレスポンス(迅速な返信)を行わなくてはなりません。
できれば1~2分以内、遅くとも5分以内には返信したいところですね。

受信に気づかず、お客さんからのメールを1時間以上放置してしまった場合には、「お返事遅れてごめんなさい」など、必ずお詫びの言葉を添えて返信するようにしてください。

プライベートな用事で24時間以上返信が難しい場合には、あらかじめその旨お客さんに連絡しておきましょう。

所用のため〇日~〇日までお返事できません」などプロフィールに表記するのも良いでしょう。

スマホで安全に稼げるメールレディのおすすめ求人はこちら!



メールレディ講座

このサイトについて