メールレディとして働くデメリット

メールレディとして働くデメリット

Home > メールレディのデメリット

スマホで安全に稼げるメールレディのおすすめ求人はこちら!

在宅のアルバイトとしては収入面で恵まれているメールレディですが、チャットレディと比較するとかなり低収入です。

本業として生計を立てるのは困難なので、あくまで副業、お小遣い稼ぎ程度に考えた方が良いでしょう。

仕事内容にやや特殊な部分もありますから、人によってはコツをつかむまで時間が必要かもしれません。

仕事に慣れるまでは低収入の状態を我慢する心構えを忘れないようにしてください。

メールレディの報酬は歩合制。「稼げる人」と「稼げない人」の間には相応の格差が生まれます。

それほど厳しい競争はありませんが、人気を得るためには「営業努力」も求められるでしょう。

人によっては常に携帯電話(着信)が気になって、ちょっとした職業病のように「気が抜けない」状態、緊張感を強いられてしまうことも。

そのあたり「向き不向き」がハッキリ出る仕事だといえるかもしれません。

お客さんの中にはしつこく「会おう」と話を持ちかけてくる人もいますし、暴言など嫌がらせメールや、エッチなメールを送信してくる人も少なくありません。

感情的に対応してしまうと大きなストレスを生じるので、(性格的に大きな負担を感じれば)メールレディを続けられない女性もいるかもしれません。

メールレディは、堂々と家族や友人に公言できる仕事ではありません。

安全性に優れ、匿名性の高い仕事ではありますが、「絶対に100パーセント秘密にできる」と断言できない部分もあります。

もしバレたらどうしよう…そんなちょっとした不安は、常に心の片隅に引っ掛かることでしょう。

例えば、

①スマホやPCはロック機能を使用して他人に覗かれないようにする

②お客には個人を特定できるような情報を話さない(身元が分かる画像や映像を渡さない)

といった予防策を心がけ、より安全に働く努力を図ってください。

スマホで安全に稼げるメールレディのおすすめ求人はこちら!



メールレディ講座

このサイトについて