メールレディの歴史(その2)

メールレディの歴史②現在までの経緯と将来性について

Home > メールレディの歴史 ②

スマホで安全に稼げるメールレディのおすすめ求人はこちら!

女性は収入を、男性はエッチなコミュニケーションを求め…ライブチャットの市場規模は徐々に拡大。
その流れの中で、メールによるサービスも充実していきます。

ただ、ライブチャットで働く女性=チャットレディという呼称が普及し始めた頃、同時にその危険性を指摘する声も出てきます。

映像や音声が「流出」したり、「身バレ」や「顔バレ」によって個人情報がネット上に拡散したり…もっと安全に働く方法はないか?

ニーズの高まりを受け、いわば「裏技」のような形で、現在主流の「メールレディ」が誕生。

本来、メールによるサービスは、お客とチャットレディが待ち合わせ(スケジュール調整)をしたり、営業(集客)したりする手段として活用されていました。

しかし、「メールだけ」でも稼げる事実が知られるようになると、サービス・料金体系など洗練され、より働きやすい(稼ぎやすい)環境が整うようになります。

このように、ライブチャットから派生的に生まれたメールレディは、当初はチャットレディとの「兼業」が一般的でした。
チャットの時間外、待ち時間にメールで稼ぐ、というスタイルですね。

現在では、あらかじめ「メールで収入を得る」ことを目的にチャットレディとして人材登録を行う女性も増えて、メール関連のサービスを主体で利用するお客も増えています。

メールレディのための情報サイト・攻略サイトなど続々と登場し、収入を得るためのノウハウも確立されているようですね。

スマホ(スマートフォン)の普及により、最近は手軽さが魅力の「スマホ向けサイト」がトレンドを迎えています
今後もしばらくは、スマホユーザーに向けてサービスの充実、人材の確保が図られることでしょう。

これから日本は、子どもから高齢者まで全世代がインターネットを利用する、新たな時代へ突入します。

無料通話の仕組みが一気に進化していることからも分かるように、チャットやメールを利用したサービスに対する需要は、拡大することはあっても縮小はあり得ません(ちなみに、現段階でもライブチャットの市場規模は数百億円といわれています)。

少なくとも今後10年間は、より多くのメールレディ、チャットレディが求められることでしょう。
ただ、競争が激化すれば低単価での雇用が増える可能性はあります。

仕事を始めるなら今がチャンス…かもしれませんね。

スマホで安全に稼げるメールレディのおすすめ求人はこちら!



メールレディ講座

このサイトについて