メールレディの歴史(その1)

メールレディの歴史①出会い系サイトとの関係・ライブチャットの普及

Home > メールレディの歴史 ①

スマホで安全に稼げるメールレディのおすすめ求人はこちら!

メールレディが一つの仕事(アルバイト)として確立されたのは、「出会い系サイト」の流行がきっかけだといわれています。

90年代半ば、インターネットの普及によって急速に市場規模を拡大した出会い系サイト。
しかし、当時は安全性を疑問視する意見も多く、女性利用者が慢性的に不足していました。

そこでサイトの運営会社は、いわば「サクラ」を雇う形で、女性アルバイトを「メールレディ」として募集するようになります。

多くの女性利用者が実は「仕事」として出会い系を利用している、という事実は、男性ユーザーには伏せられていました。

形態としては詐欺行為に近く、実際に訴えられた企業もあるようです。

現在でも出会い系のサクラを秘密裏に雇用している企業はありますし、求人情報も少なからず存在します。

かなりの高収入が期待できる求人もあるようですが、違法行為に加担してしまう危険性があるので、応募は控えた方が良いでしょう。

現在の形でメールレディが活躍するようになったのは、やはり「ライブチャット」の普及によるところが大きいようです。

2000年代に入ると、高速インターネット回線、WEBカメラなど普及し、ほぼ現在と遜色のないネット環境が整います。

どうやら2002年頃には、現在「老舗」と呼ばれるサイトのいくつかがサービスを開始していたようです。

以後、規制強化によって出会い系の勢いに陰りが見え始めると、相当数のユーザーがライブチャットに移行。その中には「テレフォンセックス」の利用者も含まれていました。

スマホで安全に稼げるメールレディのおすすめ求人はこちら!



メールレディ講座

このサイトについて